2009年09月12日

「蔵元さん・杜氏さんを囲む会第五弾」「竹泉」19代目蔵元・田治米博貴さんをお迎えして

今週木曜日

2009/9/10(木)

兵庫県朝来市から

「竹泉」蔵元、19代目田治米博貴(たじめひろたか)さんがきてくださって

蔵元さん・杜氏さんを囲む会第五弾が開かれました


s-IMG_0001.jpg


s-IMG_0010.JPG


田治米さんは

全量純米酒を目指し

兵庫県産の米を原料に使うことにこだわっていらっしゃる

志の高い蔵で

なおかつたくさんの金賞も受賞されています



現在は

全国21蔵で「全量純米蔵を目指す会」を発足し

阿波産の山田錦を使って同じ材料で

それぞれの蔵が純米酒を醸すという

おもしろい試みもされています



この日のお酒は

純米酒吟醸雄町直詰め

純米酒木桶仕込み

純米酒吟醸幸の鳥(こうのとり)

純米酒吟醸阿波山田錦しぼりたて

純米酒大吟醸田治米

純米酒山田錦

純米酒仕込み梅酒

また

冷やでいただいたあと

梅酒も含めすべて燗でいただきました



直詰めは直詰めならではのフレッシュさ

木桶はまったりした感触

純米山田錦は毎日飲めるお酒

そして

田治米さんならではの梅酒のために仕込んだ純米酒で漬けた梅酒


これが

燗で見事においしく変化し

燗酒を提唱されている田治米さんの

精密に計算された酒造りの思いを感じました

参加者全員が

梅酒の燗なんて初体験!

これは他の梅酒ではまねできない感じです



私は田治米さんの蔵見学をさせていただいたときに

家庭用の広口瓶に入った梅酒が

きっちり温度管理された冷蔵室に並んでいるのを見て

採算や手間を考えると

考えられないことだと感心した体験がありますが

そのための純米酒を造るのも

なかなか苦労されたようです



とことんほんものにこだわると熱く語る田治米さんでした



田治米さんから伺ったお話でうれしい話をひとつ



この日もはねっとオーガニックカフェのスタッフが

腕によりをかけてつくったお料理とともに味わっていただきましたが

純米酒には化学調味料などを使った料理があわないとのことで

喜んでいただいたこと


スタッフとともに

ほんものを大事にやることの大切さと

伝わっていくうれしい感触を感じた日でもありました



この日は燗の仕方も教わりましたが

お酒によっての適温もそれぞれですが

とっくりを触ってみた感触で覚えるのが秘訣になりそうです


これからは燗がおいしい季節

また楽しみがふえそうです
















広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。